ミンドロ島の地図Map of Mindoro

スポンサーリンク

ミンドロ島 Mindoro Island

ミンドロ島の場所総面積が1万245k㎡のミンドロ島はフィリピンで7番目に大きい島であり、東ミンドロ州Oriental Mindoroと西ミンドロ州Occidental Mindoroに分けられる。東ミンドロの州都カラパンCalapanや、西ミンドロ州の州都マンブラオManburaoをはじめ、町は海岸線に沿って発展してきた。山岳部とジャングルには先住民族のマンギャン族Mamgayan Tribesが住んでいる。島の産業は漁業や米、ココナッツなどの農業が中心で、南部のサンホセSan Jose周辺では牛の牧畜が行われている。島の名はスペイン語でMina de Oro、つまり金山Goldmineを意味しているのだが、今のところはそれらしき金鉱は発見されず、せいぜい砂金が採れるくらいだ。


プエルトガレラ以外の見所

マンブラオ

マンブラオ Mamburao

西ミンドロ州の州都であるマンブラオ。しかし、州都というイメージとはほど遠く、小さく静かな町だ。ビーチリゾートが3ヶ所あるが、すべてプライベートビーチなのでのんびりできる。遠浅の海はどこまでも穏やかで、海に沈む夕日の輝きはマンブラオならではの美しさだ。町から北西へ4kmほど行ったところにあるタヤマーン・パーム・ビーチ・クラブTayamaan Palm Beach Club、南へ12kmに位置するラ・ドルス・ビタ・ガーデン・リゾートLa Dolce Vita Garden Resortは地元の人がよく利用するリゾート。さらにその先のあるマンブラオ・ビーチ・リゾートManburao Beach Resortはドイツ人がオーナーで、欧米人の宿泊客が多い。
北パンダン島

北パンダン島 North Pandan Island

マンブラオの南東に位置する小さな島。白砂のビーチが美しい南部には、パンダン・アイランド・リゾートPandan Island Resortがあり、ウインドサーフィンやダイビングが可能だ。北部のジャングルは野生動物の宝庫として知られている。

【Copyright(C) 2006.08.04-2016 TS MAP all rights reserved.】