ビガンの地図Map of Vigan

スポンサーリンク

ビガン Vigan

マニラの北約408kmに位置するイロコス・スル州の州都。1572年にスペイン人がやってくる以前から国際的な港として栄えていた町で、スペイン、中国、メキシコなどさまざまな影響が見られる。町は1999年に世界遺産に登録された。

ビガンへの行き方

マニラから、パルタス・トランスポートなどのバスが所要9時間で運行している。サン・フェルナンドから3時間、ラオアグからは1時間30分。


ブルゴス国立博物館 Burgos National Museum

ブルゴス国立博物館 殉職者で聖職者であったホセ・ブルゴスJose Burgosの住居が博物館として公開されている。2階にゲストルーム、リビングルーム、ベッドルームといった部屋がそのままの状態で残されており、当時のブルゴスの生活を垣間見ることができる。そのほか1階では、イロコス州の歴史や文化に関連した展示品、フィリピン関係の本を集めたライブラリーもある。

クリソロゴ博物館 Crisologo Museum

クリソロゴ博物館 ビガンの名士クリソロゴ家の邸宅を博物館にしたもの。堅木とコンクリートでできた耐久性のある2階建ての建物で、1階には鉄とスチールでできた小さな格子窓があり、対照的に2階には大きく縁取られた障子スタイルのカピスウインドウがはめ込まれている。アンティーク家具や絵画などが展示されているほか、ベッドルームやキッチンなど各部屋も公開。

セント・ポール・メトロポリタン大聖堂 St. Paul's Metropolitan Cathedral

セント・ポール・メトロポリタン大聖堂 賑やかなブルゴス通りに面しているバロック建築様式のこの大聖堂は、アウグスティヌス会の修道者によって建てられた。数々の宗教的な祭りがこの教会で開かれる際には、他州からも多くの信奉者たちが訪れ、祈りを捧げる。

ヴィラ・アンジェラ・ヘリテージ・ハウス Villa Angela Heritage House

ヴィラ・アンジェラ・ヘリテージ・ハウス 1873年建造の地元名士の邸宅。スペイン風のインテリアの中に中国製キャビネットやヨーロッパ製シャンデリア、日本風の障子型の窓などがミックスされていて、いかにもビガンらしい建物。現在はホテルとしても使用されている。

【Copyright(C) 2006.08.04-2016 TS MAP all rights reserved.】